記事一覧

エトロの厚底スニーカー「アースビート」

エトロ(ETRO)の2021年秋冬コレクションから、メンズ&ウィメンズ新作スニーカー「アースビート(EARTHBEAT)」が登場。エトロブティックほかにて発売される。

色鮮やかなチャンキースニーカー

「アースビート」は、さまざまな素材を使ったアッパーに厚底のソールを組み合わせた、カラフルなチャンキースニーカーだ。
dior ジョーダン 偽物

アッパーには、カーフレザーのパッチワーク、ペイズリージャカード、無地やプリントの生地を組み合わせ、遊び心あふれる仕上がりに。また、フリンジやネオンカラーのシューレース、ジグザグの刺繍、ヒールに配したターコイズのスタッズといったディテールも、アクセントを添えている。

カラーは、メンズ・ウィメンズとも揃うブラウンのほか、メンズではホワイトやグリーンの3色を、ウィメンズではブラックの2色を用意する。

【関連記事】:ジュエリー | ネックレスや指輪,ペアリング,ピアスなど大切な記念日のプレゼントや自分へのご褒美に

ダブレット×DC SHOESのコラボスニーカー

ダブレット(doublet)とDC SHOES(ディーシーシューズ)のコラボレーションスニーカーが、2020年9月11日(金)より、ドーバー ストリート マーケット 銀座、ダブレット取扱ショップ、DC SHOES公式オンラインストア、ウィズム(WISM)にて販売される。

ダブレット×DC SHOES、人気3モデルを1つに集約した新作スニーカー

ダブレットとスケートシューズのリーディングブランド・DC SHOESの新作コラボレーションスニーカーは、DC SHOESが90年代後半に発表した代表作〈LYNX OG〉〈LEGACY OG〉〈KALIS OG〉の3モデルを1足に集約させたハイブリッドデザイン。

厚いシュータンや流れるようなソールのフォルム、シューレースのデザインなど、OGモデルのそれぞれの良いところを全て合わせた。シルエットは、厚底のボリュームを活かしつつすっきりと仕上げている。

コラボならではの特別なロゴデザイン

今回のコラボレーションスニーカーは、いたるところにダブレットのロゴやDC SHOESのマークを配したデザインが印象的。コラボレーションならではの特別感が味わえる。

3種類のカラーが登場

全体を同系色でまとめたホワイトは、シルエットの綺麗さが際立つ1足だ。スケート・ストリートファッションはもちろん、どんなスタイルにも合わせやすいシンプルさも魅力。

また、ブラックのベースにシューレースの白とインソールのオレンジが映えるクールなデザインのシューズや、アッパー部分にレッドやイエローのポイントを効かせたポップなカラーリングのシューズも登場する。

【関連記事】:スイス優雅の腕時計

ナイキ SB東京限定“マルチカラー”スニーカー

ナイキ(NIKE)のスケートボードライン・ナイキ SBより新作スニーカー「ナイキ SB サンディ ズーム X ブルイン」が、2021年夏より発売される。

ナイキのランニングテクノロジーを搭載したスケートボードシューズ

「ナイキ SB サンディ ズーム X ブルイン」は、スケートボードシューズにナイキの革新的なランニングシューズのテクノロジーを搭載したシューズだ。
パラノイズ 偽物

注目は、ナイキが誇るランニングテクノロジーを搭載したソールユニット。高いクッション性を誇るナイキ ズーム X フォームと、弾むような反発性を提供するフルレングスのカーボン ファイバー プレートをドロップ イン タイプのミッドソールに備えた。これらの機能は、スケートボードやランニング中だけでなく歩行時もサポートしてくれるため、普段履きにもぴったりだ。

フライニット初搭載のアッパー

また、目を引くマルチカラーのアッパーにも注目。本作では、ナイキのランニングシューズで度々用いられるフライニットアッパーを、スケートボードシューズに初めて起用。足に吸い付くような抜群のフィット感で、快適な履き心地を提供する。

なお、「ナイキ SB サンディ ズーム X ブルイン」はナイキの優れたリーダーであった故 サンディ・ボーデッカーに捧げるモデルで、東京限定での発売となる。

【関連記事】:新生代トレンドのファションパイオニア

ナイキのスニーカー「エア マックス2 ライト」復刻

ナイキ(NIKE)の名作スニーカー「エア マックス2 ライト(AIR MAX 2LIGHT)」が、オリジナルバージョンをほぼ忠実に再現した形で待望の復刻。2019年3月23日(土)より、「ナイキ エア マックス2 ライト アトモス コレクション(NIKE AIR MAX 2LIGHT atmos collection)」としてアトモス(atmos)、スポーツラボ バイ アトモス各店で先行発売され、4月5日(金)よりナイキラボ MA5、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、公式オンラインショップで発売予定だ。

「エア マックス2 ライト」とは?

「エア マックス2 ライト」は、1994年ナイキから誕生したスニーカーだ。特徴的なのは、2種類の圧力システム通称“マルチチャンバーエア”を搭載したエアユニット。この“マルチチャンバーエア”を初めて起用したのが「エア マックス2 ライト」で、後に、ナイキのアイコン「エアマックス 95(AIR MAX 95)」にも取り入れられた。

ナイキ(NIKE), アトモス(atmos) エア マックス2 ライト|写真8
アッパーは、ポップなカラーリング。様々なカルチャーが交差していた90年代の時代背景を反映して、雑誌や広告チラシ、ポスターなどを切り貼りしていたデザイナーの原体験がインスピレーションソースとなっている。

ネオンカラーやビビッドカラーをランダムに配置した“ド派手なカラーウェイ”は刺激的で、心躍るデザインとなっている。

ポップカラーのウェア&小物も

「ナイキ エア マックス2 ライト アトモス コレクション」からは、スニーカーのみならず、ポップな配色のトラックジャケットやパンツ、Tシャツなども、メンズ・ウィメンズサイズで展開される。

アトモス明治通り店で古着販売&カスタムイベント

また「エア マックス2 ライト」の発売を記念して、アトモス明治通り店ではイベントを開催。原宿のヴィンテージショップ「ベルベルジン」を迎え、90年代の空気感を表現した一点物の古着コーナーを設置する。

同時に、ナイキのカスタマイズサービスも実施。トートバッグにオリジナルのスタンプアートを施すことができる。なお、このカスタマイズサービスは数量限定で、購入者のみの対象となる。

関連記事:https://blog.goo.ne.jp/wekde564

ホカ オネオネ×オープニングセレモニーのスニーカー

ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)とオープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)のコラボレーションカプセルコレクションから、スニーカー「ホカ×オーシー ボンダイ(HOKA×OC BONDI)」が登場。2019年11月中旬頃、オープニングセレモニー 表参道およびカシヤマ ダイカンヤマ マーケット(KASHIYAMA DAIKANYAMA MARKET)にて発売が予定されている。

ホカ オネオネ×オープニングセレモニーのスニーカー、異素材コ
スーパーコピー スニーカー
全3弾で展開する、ホカ オネオネとオープニングセレモニーのコラボレーションカプセルコレクション。第1弾となる今回のスニーカー「ホカ×オーシー ボンダイ」は、ホカ オネオネのシューズにおいて象徴的な厚底ソールのモデル「ボンダイ5(BONDI 5)」に、オープニングセレモニーのエッセンスをプラスした一足だ。

ホカ オネオネ×オープニングセレモニーのスニーカー、異素材コ

アッパーは、ミニマルな色彩を採用することでモダンな雰囲気に。素材にはレザーとメッシュを組み合わせ、デザイン性と共に通気性と高いフィット感を実現した。

ホカ オネオネ×オープニングセレモニーのスニーカー、異素材コ

目を惹くボリューミーなソールは、極上のクッション性を備えたフルEVAミッドソールと踵付近から始まるメタロッカーでスムーズな足運びをサポート。また、フラットウエストのジオメトリと幅広のフットベットが安定性を供給し、滑らかにそぎ落とした爪先と踵部分は、タイヤのようなローリング運動を導くように設計されている。

関連記事:http://illustrates.top/
https://ameblo.jp/ppseok689

ネイバーフッド×アンディフィーテッド

ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)から、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)、アディダス(adidas)とのコラボレーションによるユニセックススニーカー「ZX800」が登場。2021年4月16日(金)よりネイバーフッドなどで発売される。


スーパーコピー時計
トリプルコラボレーションによるスニーカーは、1989年に誕生したアディダスのシューズ「ZX800」がベース。マットなシンセティックレザーと艶のあるメッシュをコンビネーションさせた、ユニークなアッパーを纏っている。

ネイバーフッド、アンディフィーテッドのブランドネームを配置したシュータンには、小さなジッパーポケットを搭載。レースには、シューズ全体のカラーに合わせたミックスコードを採用している。

ネイバーフッドとアンディフィーテッドによる、“SOMEDAY THIS PAIN WILL BE USEFUL”をコンセプトワードにした第2弾コラボレーションコレクションも登場。両ブランドのネームや“有刺鉄線”風にアレンジしたアンディフィーテッドのロゴと共に、コンセプトワードを配したロングスリーブTシャツを用意する。

また、フロント中央にロゴを配したシンプルなデザインを含む、2パターンのTシャツも用意。カラーは、ロングスリーブTシャツ、Tシャツ共にブラックとホワイトの2色展開となる。

関連記事:http://dannoso.top/

“アニマル柄”ナイキ エア マックスがアトモス限定で

ナイキ(NIKE)よりアニマル柄のスニーカー「ナイキ エア マックス アニマル パック(NIKE AIR MAX ANIMAL PACK)」が登場。2019年7月13日(土)より、アトモス 千駄ヶ谷とアトモス オンラインにて発売される。

“アニマル柄”ナイキ エア マックスがアトモス限定で、キリンやトラ柄に鮮やかなスウッシュ|写真1

「ナイキ エア マックス アニマル パック」は、ナイキのスニーカー「ナイキ エア マックス 1」をベースに、アッパー全面にアニマル柄を配した3種類を用意。それぞれのパターンをハラコ素材で施した特別仕様だ。

“アニマル柄”ナイキ エア マックスがアトモス限定で、キリンや

ナイキの“スウッシュ”は、それぞれのパターンで異なるカラーをオン。トラ柄は青、ヒョウ柄はオレンジ、キリン柄は緑で配した。また、各シューズには、先端にアニマル柄をあしらったものを含む3種類のシューレースを付属する。

“アニマル柄”ナイキ エア マックスがアトモス限定で、キリンや

「ナイキ エア マックス アニマル パック」の発売を記念し、独自のセンスで動物を描くアーティスト「デイブ・ホワイト(Dave White)」とアトモスによるコラボレーションアイテムも展開。Tシャツやショートパンツ、トートバッグ、水筒など、8種類のアイテムがラインナップする。

関連記事:http://hkd-icura.com/common/css/diary.cgi

ューダー「ブラックベイ クロノ」新作腕時計

ロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフ手がけるウォッチブランド・チューダー(TUDOR)は、「ブラックベイ クロノ」新作腕時計を発売。

水陸両方の伝統を掛け合わせた「ブラックベイ クロノ」

「ブラックベイ クロノ」は、チューダーが持つ50年以上にわたるクロノグラフの歴史をまさに体現した腕時計。1970年に誕生したブランド初のクロノグラフ「チューダー オイスターデイト」から続く“モータースポーツ”との繋がりと、1954年から進化し続けている“ダイバーズウォッチ”といった、水陸両方の伝統を掛け合わせることで、「ブラックベイ クロノ」が生み出された。

ダイアルとサブカウンターのコントラスト

ダイアルとサブカウンターのコントラストが美しい「ブラックベイ クロノ」。「ブラックベイ」の美学に則って1969年以来チューダーのアイコンでもある「スノーフレーク」針を配した一方で、ドーム型ダイアルやくぼみを持たせたカウンター、マットブラックと乳白色といった対照的な色彩を組み合わせることで視認性を高めている。

「ブラックベイ クロノ」には、コラムホイールと垂直クラッチを備える高性能の「マニュファクチュール クロノグラフキャリバー MT5813」を搭載。時針、分針、秒針とクロノグラフ機能、日付機能を備えている。また、約70時間のパワーリザーブと、耐磁性シリコンバランススプリングを備え、スイス公認クロノメーター認定を取得。腕時計として組みあげられた状態で日差が−2秒から+4秒というより高い基準を達成した、堅牢性、信頼性の高い仕上がりとなっている。

ファブリック、スチール、レザーストラップを用意

ストラップは、ブラックのファブリックストラップの他、50、60年代のモデルに着想を得たリベットを配したスチール製ブレスレット、生成りのステッチを施しフォールディングクラスプを備えたブント付きエイジドレザーストラップも選択可能だ。

アディダス オリジナルス×ファレル

アディダス オリジナルス(adidas Originals)とファレル・ウィリアムスのコラボレーションスニーカー「ファレル・ウィリアムス SS(PHARRELL WILLIAMS SS)」が、2020年7月3日(金)、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウほかにて発売される。


ジルサンダー tシャツ 偽物
音楽とファッションの世界で活躍するファレル・ウィリアムスとのコラボレーションでは、アディダス オリジナルスを代表する「スーパースター」のクラシックなシルエットを、フレッシュな姿へとアップデート。

アッパーにはカラーブロックを施したメッシュ素材を採用。貝殻状のつま先“シェルトゥ”にもメッシュを組み合わせ、異素材・マルチカラーのパッチワークが印象的な1足に仕上げた。

カラーは2種類を展開。鮮やかなイエローやグリーン、ブラックを配したホワイトスタイルと、アシッドブルーやパープルにブラウンを効かせたブラックスタイルを用意する。

ルイ・ヴィトン×(RED)の新作メンズスニーカー

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、新作メンズスニーカー「ルイ・ヴィトン I (RED) トレイナー」を、2021年3月下旬より一部のルイ・ヴィトン ストアなどで発売する。


「ルイ・ヴィトン I (RED) トレイナー」は、ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクターに就任した2019年春夏コレクション以降、ルイ・ヴィトンのアイコニックなスニーカーとして展開されている「LVトレイナー」をベースにしたシューズ。


どこか懐かしいシルエットとバスケットボールシューズから着想を得たラインが特徴的な「ルイ・ヴィトン I (RED) トレイナー」は、ホワイトとレッドの配色が目を引く。

ホワイトレザーアッパーにはモノグラム・モチーフのエンボス加工を施し、ソールにはモノグラム・フラワーを配した。タンに配されたLVロゴや、シューレースに付けたタグなど、遊び心に溢れたディテールにも注目だ。

尚、「ルイ・ヴィトン I (RED) トレイナー」は、エイズ対策に取り組む非営利団体(RED)とルイ・ヴィトンのコラボレーションアイテム第2弾。2019年には第1弾としてパフュームド キャンドルが発売された。「ルイ・ヴィトン I (RED) トレイナー」を1点購入するごとに200ドルが、(RED)の活動を支援するために「グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)」に寄付される。

アイコンシューズ「ゴンミーニ」のDNAを継承するスニーカー

トッズ(TOD'S)から、メンズ&ウィメンズスニーカー「タブズ スニーカー」の東京限定モデルが登場。2021年7月23日(金)より、トッズ 銀座、伊勢丹新宿店、銀座三越などにて発売される。

アイコンシューズ「ゴンミーニ」のDNAを継承するスニーカー
タブズ スニーカー Tokyo リミテッド エディション

「タブズ スニーカー」は、2020年のコレクションで初登場した人気のスニーカー。クリエイティブ・ディレクター、ヴァルター・キアッポーニが初めてデザインしたスニーカーで、かかと部分のラバーぺブルなど、アイコンシューズ「ゴンミーニ」の特徴を継承し、ローテクでヴィンテージ感がありながらも現代的な印象となっている。シューズ内部にはクッション性の高いカップインソールを使用しているため、履き心地も快適だ。
オンラインストア | セカンドストリート
人気の「タブズ スニーカー」から東京限定モデル登場

そんな「タブズ スニーカー」から東京限定モデルが新登場。ウィメンズモデルはピンク、メンズモデルはネイビーブルーのカラー展開で、夏の装いのアクセントになること間違いなしだ。レザーを使っているため、カジュアルなシーンだけでなく、少しフォーマルなシーンでも楽しめるエレガントなデザインとなっている。

ニューバランス“Made in U.K.”の「920」

ニューバランス(New Balance)の“Made in U.K.”スニーカー「920」「1500」に新色が登場。2021年6月19日(土)より、一部店舗限定で発売される。

“Made in U.K.”の「920」「1500」に砂漠をイメージした新色
「920」

2020年、ニューバランスを象徴する名作が集まる900番台に新たに加わった「920」は、モダンとクラシックの融合をテーマにした新作モデル。今回の限定カラーでは、ピッグスキンスエード、シンセティックレザー、そしてメッシュ素材を切り替えた象徴的なマルチパネルデザインを、砂漠の風景に着想を得たアースカラーで統一。パーツ毎に色の濃淡を変更することで、立体感ある美しいアッパーのシルエットがより一層際立つ一足に仕上げた。

「1500」

発売当時の最先端技術を全て盛り込み、ランナーのステイタスシューズとして名を馳せた「1500」。新時代の訪れを感じさせるアッパーデザインと合わせて、名作揃いの1000番台の中でも高い支持を集めるこの人気モデルにも、同様のカラーリングが登場。「920」よりも広い幅で濃淡の差を設定しつつも、ホワイトを印象的に差し込むことで、どこか都会的な雰囲気も楽しめる一足となっている。

バーバリー、19春夏メンズウエア&小物

バーバリー(BURBERRY)は、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのリカルド・ティッシのデビューシーズンとなる2019年春夏コレクションの展開をスタート。

リカルド・ティッシの初シーズン、テーマは「キングダム」

初コレクションのテーマは“キングダム”。パンクに代表されるアヴァンギャルドで反骨的なファッションから、フォーマルで洗練されたスタイルまでを内包するイギリスの“多面性”と、多様なカルチャーを取り入れる“折衷主義”への敬意を表した。

ラインナップは、アウター類から、2ピーススーツ、シャツ、Tシャツ、トラックトップ、ワイドスラックス、ハーフパンツまで様々。バーバリーのアイコニックなトレンチコートは、ブラックとベージュのバイカラーや、赤いブランドロゴを配置したデザインなど、リカルドのフィルターを通してアレンジされている。

また、バーバリーお馴染みのハウスチェックも生まれ変わり、ストライプとして解釈された。「アイコンストライプ」としてトラウザーズなどに登場する。

NAOTOのスタジオ セブンから異素材MIX

ニューバランス(New Balance)と、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTO手掛けるスタジオ セブン(STUDIO SEVEN)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)のトリプルコラボレーションによるスニーカーが登場。2020年12月12日(土)よりニューバランス 原宿などで発売される。
ピコタン 偽物
異素材MIXアッパーのコラボスニーカー第2弾

第1弾に続く2度目のコラボレーションでは、前回に引き続きニューバランスのランニングカテゴリーから1996年に発売された名作「850」をアップデートした「ML850」をベースに採用。

アッパーは、フルグレインレザー・ヌバック・スウェード・メッシュといった異なる素材の組み合わせ。ダークネイビーで統一しつつ、ビビッドなオレンジをアクセントに差し込んだ。インソールには、スタジオ セブン、ミタスニーカーズそれぞれのアイコンであるコーションロゴや金網のグラフィックに加え、3者のロゴがあしらわれている。

また、脱ぎ履きを容易にするプルストラップをかかとに配置するなど、デザインだけでなく機能面もアップデートを施した。

スタジオ セブン限定ウェア&アクセサリーも

シューズの発売に併せて、スタジオ セブン限定でブランドオリジナルのアイテムも登場。コラボレーションスニーカーのカラーリングをイメージさせるスタジオ セブンのロゴ入りフーディーパーカのほか、アウトドアプロダクツとのボアサコッシュやニットキャップ、スニーカーの消臭が期待できるヒノキブロックといった小物類も用意する。

ワコマリア、ウルフズヘッド

ワコマリア(WACKO MARIA)とウルフズヘッド(WOLF'S HEAD)によるコラボレーションアイテムが、2021年6月5日(土)よりパラダイストウキョウなどで発売される。

コラボレーションで展開されるのは、3型のトップス。それぞれのアイテムには、ウルフズヘッドのデザイナー・幹田が描き下ろしたオリジナルグラフィックがあしらわれている。

クラシックなシルエットの50'sシャツ、リラックスしたシルエットのダボシャツは、フロントからバックにかけてぐるりと1周グラフィックがあしらわれている。

半纏(はんてん)は、フロント襟元に加え、バックに大きくグラフィックを配置。背抜きのライニングには、パイソン柄の生地を使用している。

ナイキの新作スニーカー

ナイキ(NIKE)は、新作スニーカー「ナイキ エア マックス プリデイ」を2021年3月26日(金)より発売する。

「ナイキ エア マックス プリデイ」は、1979年から1981年にかけて作られたデイブレイクなど、ナイキのジョギングシューズの黄金時代を彷彿とさせるスタンスと、革新的なナイキ エア ユニットを組み合わせたモデル。

クッション性を生む要となるエア バッグは、エア マックス 1、エア マックス 90、エア ジョーダン IIIといった人気モデルと同じものを採用しているが、ミッドソールとアウトソールの間のエア ユニットしっかりと露出させているのがこのシューズのユニークな点だ。エア ユニットを2つの硬めの素材の間に挟むことで、これまでにないクッション性を叶え、跳ねるような履き心地を実現した。

ブラックのスウッシュが映える、爽やかなグリーンのアッパーには、100%再生ポリエステルを使用。制作するうえでも、廃棄物を最小限に抑え、サステナビリティにもこだわったシューズとなっている。

4℃、ローズクォーツ付き“グラデカラー”の桜ピアス


4℃(ヨンドシー)のおすすめ“桜ジュエリー”は、優しい色合いのローズクォーツなど、3色のストーンをセットした“グラデカラー”の華やかピアス。地金には、ストーンと良く似合うピンクゴールドが採用されている。

ダイヤモンドを配したモデルも

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の腕時計コレクション「オーヴァーシーズ」より新作モデルが登場する。

今回登場するのは、メンズモデル「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」とウィメンズモデル「オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ」の2種。光沢のあるブラックラッカーダイヤルを採用した、スタイリッシュなルックスのモデルや、デニム、ピンクカラーの鮮やかなビジュアルのモデルをラインナップする。
フランクミュラー

〈タグ・ホイヤー〉腕時計「アクアレーサー」軽量化&視認性アップ


タグ・ホイヤーの高級腕時計
タグ・ホイヤー:1960年、スイスのサンティミエにてエドワード・ホイヤーが設立したホイヤー社に端を発する、スイスのラグジュアリー ウォッチブランド。100分の1秒まで計測できるクロノグラフが話題を呼び、1920年代~30年代にかけてオリンピックの時計に採用。

その他にもタグ・ホイヤーの歴史とスポーツは密接に関連しており、中でもモータースポーツへの貢献が有名。自動車や航空機用のダッシュボードクロノグラフを開発し、後に数々のレースにて採用された。F1世界選手権に関しては、創設時から時計製造ブランドでは初のスポンサーを務めている。タグ・ホイヤーの人気ラインとして、アクアレーサー、リンク、モナコ、カレラ、グランドカレラなどが挙げられる。
タグ・ホイヤー(TAG Heuer)の代表的なウォッチの1つである腕時計「アクアレーサー」は、海中の世界にインスパイアされたダイバーズウォッチ。逆回転防止型の12面カットのベゼルが特徴的で、過酷な状況でも高い精度と信頼性を発揮する。新作「アクアレーサー プロフェッショナル300」は、1978年の「ホイヤーRef. 844」をベースに、細部をアップデート。幅の太い剣型の時針と幅の細い分針によって視認性を向上させるとともに、よりスリムで軽量な仕上がりに。快適な使用感で、オンオフ問わず日常的に使いたくなる腕時計だ。

ロエベの人気バッグ「ハンモック」

ロエベ(LOEWE)のアイコンバッグ「ハンモック」から新作「ハンモック トート」が新登場。2020年9月10日(木)より発売される。

“ハンモック”のシルエットから着想を得た「ハンモック バッグ」

ロエベの「ハンモック バッグ」は、その名の通り吊り下げベッドの“ハンモック”のリラックスしたシルエットに着想しており、複数の折りたたみ構造と、ジッパーなどのオプションにより様々な形状に変化する。また、柔軟性にも優れており、一緒に時を過ごす時間が長くなればなるほど、着用する人の手、肩、身体全体に馴染んでいく。
グッチ パック
新作は大容量のトートタイプ

「ハンモック トート」の魅力は、なんといってもその大きなサイズ感。これまでの汎用性はそのままに、パソコンなどもラクラク収められるほどの大容量となっている。カラーは、オーク/ダークゴールド、ダークラスト/ブラック、ヴィンデージカーキ/ブラックといったツートン・カラーで展開され、素材にはスムースレザーとスエードが掛け合わされている。

「ハンモック スモール」などにも新作

ハンモックには、これまでも多彩なバリエーションが登場しており、2020年秋冬コレクションでは、これまで展開されてきた「ハンモック スモール」、「ハンモック ドローストリング」、「ハンモック ドローストリング ミニ」にも新作が登場する。

「ハンモック スモール」は、サイドのジッパーにより、バッグの容量がさらに増え、形状の変化を可能にした。付属のショルダーストラップもついているので、トップハンドルだけでなく、ショルダーバッグ、クロスボディとして着用することができる。

「ハンモック ドローストリング」と「ハンモック ドローストリング ミニ」は、サイドのストッパー付きドローストリングを緩め、バッグのサイズとキャパシティをさらに増やす事ができる。 どちらも「ハンモック スモール」と同じく3つのスタイルで持つことができる。

本田翼らが登場する新ビジュアル公開

「ハンモック トート」の発売とあわせて、ロエベでは初となる日本を舞台にしたキャンペーンを展開。これまでもロエベと様々なプロジェクトを共にしてきた本田翼をはじめとする3人をモデルに採用した。

表参道店で「ハンモックルーム」イベント開催
ロエベ表参道店にて「ハンモックルーム」イベントが、2020年9月26日(土)から9月29日(火)まで開催される。期間中は、フロア1階にロエベの人気バッグ「ハンモック」50種以上が一同に集結。「ハンモック バッグ」にぴったりのチャームやストラップも多数展開する。

なお、ロエベの公式LINEアカウントにサインナップの上、来店すると、SHIN TNAKAによるペーパートイがプレゼントされる。

ページ移動